公開日

CrowdStrike($CRWD)のFY22.Q3決算発表【好決算】

こんにちはー!

本日は先日発表されたクライドストライクの決算報告についてまとめました!事業内容と前回の決算内容についてはこちらの記事を参照ください。では、内容を見ていきましょう ♪

業種:コンピューターソフトウェア・セキュリティ(Computer Software - Security)

目次
## CrowdStrike($CRWD)のFY22.Q3:決算発表サマリー ### 売上:○、EPS:○、ガイダンス:○

C = Current Big or Accelerating Quarterly Earnings and Sales per Share

売上(四半期)

$380m / YoY+63%増(アナリスト予想:$363.53m)

*前年同期比で25%以上を保っていて強い成長力

Non-GAAP 営業利益率(四半期)

Non-GAAP EPS(四半期)

$0.17 / YoY+117%増 (アナリスト予想:$0.10)

*前年同期比で25%以上をコンスタントに保っていて強い成長力

A = Annual Earnings Increases: Look for Big Growth

EPS(年間)

一株当たり営業 CF(四半期)

$0.70 / YoY +%73 増 / vs EPS NA *最低でも一株当たり営業 CF が EPS より20%以上であることだが EPS はマイナス

ROE

-5%

*Return on Equity は最低でも17%以上であることだが未達

N = Newer Companies, New Products, New Management, New Highs Off Properly Formed Chart Bases

*新商品、新サービス

S = Supply and Demand: Big volume Demand at Key Points

*上昇の出来高が高く、下落の出来高は枯渇していること
その他検討事項:自社株買入、負債比率、比率が高い株式分割は X

L = Leader or Laggard: Which Is Your Stock?

*同じグループ・業種の中で上位2、3社を選ぶ
*RS ライン(マーケットと比較して、強いか否か)
*市場が調整中にマーケット下落より下落幅が少ない

I = Institutional Sponsorship

*機関投資家が市場の7割くらいを動かしていて、機関投資家の質と増加が大事

ガイダンス

ガイダンス:
・売上:(FY22.Q4)$406.5m ~ $412.3m /(通年)$1.427B ~ $1.432B
・Non-GAAP EPS:(FY22.Q4)$0.19~$0.21 /(通年)$0.57~$0.59

アナリスト予想:
・売上:(FY22.Q4)$399.95m(通年)$1.41B
・EPS:(FY22.Q4)$0.16 /(通年)$0.47

コール・QA

価格競争:割引の仕方は前四半期と同じ。また、他のベンダーを吸収することで、顧客の割引が効く

政府(CISA)契約の取得:CISA とは Cybersecurity & Infrastructure Security Agency の略で米国国土安全保障省に属する政府機関。多くの競合他社もピッチしたが、Crowdstrike は NextGen ベンダーにはない技術を持っている。また、政府契約は今後拡大方向を期待できる。契約内容の主幹は Executive Order(EO)と endpoint detection and response(EDR)の主要プラットフォームとなる。

クラウド・ワークロード、成長は?:セキュリティーサービスを提供しているサーバーの中でクラウドは25%だったが、これは上昇している。

マージンについて,4Q 少し減少:営業利益は、Rule of 40 をベンチマークに置いている。Rule of 40 とは、SaaS 企業を評価するによく使われている指標で、企業の成長率は利益率と足し合わせて40%以上であることとされている。

10月にローンチした新商品 FileVantage について:例えば金融業界などで、データの変更履歴やア誰が変更したかを確認するのが重要となる会社から特にウケが良い商品

新規顧客・ARR について:新規のロゴは 1,600 件とこの高い水準に達したのは2回目でかつ2期連続。特に強かった箇所は enterprises(大企業)、mid-market(年間売上100m100m-3b のレンジ)や MSSP(セキュリティサービスを提供する会社)。

提携について:MSSP との提携は前回四半期から+30%の増加で、YoY では3桁の増加。これからわかるように、クラウドストライクは非常に提携パートナーにフレンドリーな会社。

ARR の季節性:Q4 は非常に強いスタート、パイプラインの数も最高で非常に大きく有名な金融機関との契約を結んだ。また、今期も ARR 最高値を更新していることもコメントしておきたい。

まとめ

C:○   →   25%以上
A:○   →   25%以上 
N:○   →  新商品
S:○   →  直近の上昇での出来高高い
L:X   →  業種平均を大きく上回る
I :○   →  機関投資家、上昇中
M:△   →  確固たる上昇相場

以上、クラウドストライクの決算発表サマリーでした!これから出すコンテンツもかなり楽しみですね!!

では、素敵な 1 日を ♫