公開日

暗号資産:Bored Ape Yacht Clubの制作者がNFTメタバースを作るのに$450m(約520億円)調達

おはようございますー!

相変わらず、暗号資産の世界では次々とニュースが出てきますね! そんな中、今日取り上げたいのはBored Ape Yacht Club ("BAYC"、ボードエイプ・ヨットクラブは直訳すると、退屈猿人類のヨットクラブ。)を制作したYuga Labsが”Otherside”と題した NFT メタバースプロジェクトを開始するために約 540 億円の資金調達をしたとのニュースです。

目次

NFT とメタバース

NFT

NFT を直訳すると Non-Fungible =代替不能なトークンなのですが、BAYC のような作品を購入するのは、世界に一つしかない本物のピカソの絵を購入すると同じで、本物である証拠を NFTとして手に入れることになります。(NFT についての詳しい説明はこちらの記事へ)

bakc

Bored Ape Yacht Club

メタバース

多くの方がここ1年くらい、Facebook のメタへの社名変更や、VR(バーチャル・リアリティー)やゲームに関連して『メタバース』という言葉をよく耳にするようになったかと思います。そもそも『メタバース』とは二つの言葉を融合したもので、メタはギリシャ語で「超える」「後続の」の意味を持ち、バースはユニバースのから文字をとっています。 また、メタバースという言葉は 1992 年に出版されたサイエンス・フィクション書籍の『Snow Crash』で初めて出てきました。書籍の中では、VR ベースの世界をメタバースと読んでいます。 現在も『メタバース』とは基本的には VR の中の世界のことを示しています。VR の体験をしたことない方もいるかと思いますが、是非ゲームセンター(私の知っている限りですが新宿・秋葉原・渋谷などに複数あります)で体験するか『レディ・プレイヤー 1』の映画を見てみてください。

BAYC と Yuga Labs とは

BAYC

2021 年 4 月にローンチされ、退屈した猿人類をモチーフにした1万点の作品からなる会員制クラブです。作品のストーリーとしては、将来退屈した富裕層が限定の会員制クラブでお酒を飲んでたわむれるイメージだそうです。(なんか、すごいですよね…笑) BAYC の後も、Bored Ape Kennel Club や Mutant Ape Yacht Club をローンチしています!

bakc

Bored Ape Kennel Club

mayc

Mutant Ape Yacht Club

Yuga Labs

創業者は Greg Solano と Wylie Aronow で、2017 年から仮想通貨を買い始めてから NFT が話題になってから、自分達のクリエイティブな強みを使って暗号資産の業界に貢献できると思いスタートしたのがきっかけということです。その後、エンジニアを2人加えてローンチしたのが Yuga Labs です。

ビジネスモデルとしては、コミュニティーを非常に大事にしていて、会員の限定感をいかに作り上げて会員に価値を提供するかに掛かっています。例えば、会員であれば会員自身がオフィシャルなグッズを作る権利があったり、新しい NFT のローンチを優先的に買えたり、ApeCoin のガバナンストークンをローンチされより会員が BAYC 等の方向や戦略について投票ができる、などの特権が与えられます。この限定感から NFT が売買され、その手数料から昨年の純収益は$127m(約 150 億円)だったそうです!

CryptoPunks と Meebits の買収

今年の 3 月に Yuga Labs は Larva Labs から BAYC 同様に非常に人気でかつ BAYC の一番大きな競合である CryptoPunks(423 作品)と Meebits(1,711 作品)を買収しました。この買収は、今回に NFT メタバースのプロジェクトの発表を手前に重要な戦略だったのがわかりますね。

cryptopunks

CryptoPunks

meebits

Meebits

NFT メタバース、Otherside のローンチ

今回発表されてたのは Yuga Labs の新しいプロジェクト、Otherside(直訳すると、反対側という意味)です!プロモーショナルビデオはこちら

pm

プロモーションビデオより

詳しい内容は出ていませんが、コンセプトとしては、現在メタのような会社が作成している集権型のメタバースではなく分散型のメタバースを作り、MetaRPG と題した earn to playのモデルで参加者にインセンティブを課したり、もちろん Otherside の土地の売買も予定されていて、既存と新しい仕組みを両方取り入れるようです。また、今までのビジネス領域とは全然違うゲームの業界へ入るため、複数のゲームスタジオとコラボしているとのことです。

今回の約 540 億円の資金調達にて、Yuga Labs の評価額は$4B(約 4800 億円)となりました!調達先は有名な投資会社の Andreessen Horowitz から香港のゲームスタジオの Animoca Brands や暗号資産関連会社の Coinbase や MoonPay など複数の有名な名前が投資に参加しています。

4 月のローンチが楽しみですね!では、素敵な 1 日を ♪